デザイン性溢れる レバーハンドル タオル掛け 紙巻器 販売

家を引っ越すと、意外に気になるのがドアハンドル、ノブ、手すりやフック、ユニットアクセサリーの類です。玄関のドアの手すりって、一番最初に目にとまるものだから、気に入らないものだと悲しい。家に戻ってきたくなくなる・・・とまでは言いませんが、その日あったイライラが、気に入らないドアノブと相まって、帰宅してもくつろげないムードがあるかもしれません。

海外からドアノブを買いつけてくるという人が良くいましたが、取りつけの際に上手く行かず、グラグラしていたりなんてことを良く聞きました。

KAWAJUNは日本のメーカーです。国内生産しているので、ノブが基準に合わなかったなんていう、海外からの持ち込みの部品とは、違います。

デザインはシンプルでモダンなものが多く、新しい建築にぴったりで、曲線的な形をしていて、手にしっくりとなじむようにできています。

カワジュン(kawajun・かわじゅん)格好いいペーパーホルダー フック販売

デザインやアイテム数も豊富なので、この部屋のドアはこの形のノブというような選び方もできます。

小さいお子さんやお年寄りのいる家庭なら、開けやすいレバーハンドルがいいでしょうし、数年たって、お子さんが成長されたら、プール・ノブ式のドアノブに替えることもできます。

マイホーム、予算などありますから、なかなか細部にまでは気が回らないことも多いもの。でも、メーカーの付属品のような手すりやドアノブは、不動産の価値を下げるような印象のものも少なくありません。こんな安っぽい手すりなら、いっそ付いていない方がいいのに!とちょっと憤慨しているなら、専門のメーカーから、気に入ったものを取り寄せて見てはどうでしょうか。家は見て納得のいくものを買うはずなのに、アクセサリーはついていればいいというのは、ちょっとさみしいですよね。

マイホーム。せっかく買ったのだから、自分たちらしさを刻印したいものです。たかがドアノブ、されどドアノブ。そのドアに手をかけた時に、心から帰宅した安堵感を感じて下さい。